2005年05月23日

エウレカセブン #06 「チャイルドフッド」


eurekaOP06.jpg


やっぱアレですね。エウレカセブンは面白いということで。

先週はタルホ姉さんに散々引っ張り回されたレントンですが、今回はお子様3人との攻防戦と、関係の改善が今回のお話。

えと、エウレカとは全然関係ない話ですが。今日(正確には昨日)は、仕事⇒飯⇒仕事⇒夕方(雨の中)プラモのツール買い足し⇒飯⇒寝る⇒日付変更線と共に起床・・・いや、駄目だろこんな生活は。といっても、代替え休暇っつーことで、今日・明日(月・火)はお休みなのでやりたい放題なワケですがー。久々に昼寝とかしちゃおう(*'A`*)

関係ない話はこの辺で。肝心のエウレカいきましょか。続きを見る人は以下でどうぞ。



eureka0601.jpg


レントンは朝起きると、顔にラクガキだらけ。
レントンのテントがゴソゴソ動いた後に、タルホ姉さんが「うっふーん」とカット入ってきたので何事かと思ったw

レントンはラクガキに関して思い当たる節があるので、早急に移動開始。倉庫に行くとガキ3人組が居て、壁やらコンテナ等には沢山のラクガキが・・・。
レントンは憤怒し、叱りつけようとするが、ガキ3人組にはまったく効果無し。それどころか、更なる挑発を受けてレントンぶちぎれです。実力行使の体勢に入るが、都合よくエウレカ登場。ガキ3人組は、エウレカを盾にして、怒り狂ったレントンの弱点を突く。レントンはエウレカが好きな為に、エウレカの子供達に手を上げる事が出来ない。なんて可哀想なレントン。・゚・(ノд`)・゚・。

顔を洗った後、ホランドやハップに呼び出しを受け操舵室へ。仕事の命令で、輸送中のリフボードのワックスから送り先を特定できる物を全て取り外しておけとの事。お荷物となってしまったワックスをバーデスで売ることに。しかし、バーデスに行くには軍の目の前を通っていかなくてはならない。

月光号は見つかってしまいそうなものだが、ウォズから解説。月光号は、中央電算装置にはコンパックインターフェアレンサーが付いている。これにより、レーダーの役割とステルス効果も期待できるらしい。コンパックインターフェアレンサーの構造と効果を理解できるレントンは、やはりメカニックの卵っつーことですね。

仕事をする為に、ハシゴを持っていくレントン。しかし、仕事中にハシゴの足を揺らしてくるガキ3人組。レントンはハシゴから落ちてしまい、背中を強打。背中に湿布を貼ろうとするレントンの姿が痛々しい。エウレカが登場し、レントンの背中に湿布をバシッと。もうちょっと優しくやってあげてもいいのではないですかねぇw

レントンは母親代わりなってくれていた姉を語り、エウレカは自分がガキ3人組の母親になれているのかを疑問に思う。

ホランドは自室でTVの映像を見る。片手には禁枝篇。これはデューイが幽閉されている時に読んでいたものと同じものですね。

eureka0602.jpg


ホランドは映像を見ていてデューイの姿に驚く。やはり、ホランドとデューイには何かしら関係がありそうですね。今後は、ホランドの天敵になりそうな予感がヒシヒシと。

場面は替わり、ガキ3人が悪戯を進める。どうやら、物をつるすための長いロープが無いらしく、リンクに思い当たる場所があるらしくこれから向かうらしい。
その頃、トイレではレントンのチンコに象さん悪戯書きですかね?廊下をゴロゴロ走り回るレントンがコミカルぶりが良いですね〜。

ガキ3人組は中央電算室で、ケーブルを引き摺り回し。どうやら、ケーブルをロープ代わりにするつもりらしい。しかし、リンクがケーブルに躓きケーブルを引き抜いてしまう。これによりコンパックインターフェアレンサーが停止。正直にホランドに話そうというモーリスとメーテルだが、リンクは月光号を下ろされるハメになるのではないか?エウレカと離ればなれになってしまうのではないかと心配し、正直に話すことはやめようと言い出す。3人も、エウレカと離れたくない為に已む無く報告しない事にする。また、前々から見ていて分かりきっていた事ですが、この3人組はレントンを月光号から追い出す為に、レントンへ嫌がらせを続けていた事も明らかになる。

中央電算室の扉の向こうでは、レントンがこれらの会話を盗み聞き。レントンは、母親をとられたくないガキ3人組と、幼い頃の姉を母親代わりとしていた自分を重ね合わせる。レントンが未だ重度のシスコンであることは明らか。

押さない頃のレントンは、ダイアンに彼氏(ホランドか?)が出来た時に、靴を奪って、ダイアンを行かせないようにしたみたいですね。ダイアンもレントンに飛び掛ったりと面白いなぁw

たまたま見た時にやってたのですが、サザエさんでも同じような癖を持った人が・・・。気に入った人の靴だかを隠して、帰れないようにする・・・だったかな。確か、ノリスケ幼少時・イクラちゃんと同じ癖ですね。サザエさんだと、一発物の設定だし、どうでもいいな('A`)

eureka0603.jpg


操舵室では、コンパックインターフェアレンサーが停止した事により月光号メンバーが混乱。コンパックインターフェアレンサーは、ステルス機能を発揮していたので、これが停止した事により軍に見つかる事は明白。

ホランドの頭上あたり、階段の踊り場ではガキ3人組が心配そうにホランド達を見つめる。これに気付いたレントンは、この3人組を連れ出してニルヴァーシュで出撃。ニルヴァーシュは、積み荷のワックスを持っているようで、これで敵軍のレーダー施設を使い物にならないよう強襲する。

ニルヴァーシュの頭にもラクガキがされていたりと・・・この3人組容赦ないなぁ。エウレカさん、ちゃんと躾はしましょうね。

ガキ3人組はレントンがデカイ悪戯を教えてやるという事に加え、自分達がやってしまったミスを取り返そうと奮起してくれている姿を見て喜んでいました。単純に悪戯に笑っていたのかもしれませんがね。

eureka0604.jpg


レーダー施設は使い物にならなくなってしまったが、軍はこれを見逃すはずが無い。KLFを出撃させ、ニルヴァーシュを落としにかかる。

レントンとガキ達絶体絶命かというところで、お約束の援軍。LFO3機で、R909、R808、R606が敵を次々と落としていく。R606にはエウレカが乗っており、戦闘中にR606からニルヴァーシュへ乗り移る。レントンの膝の上にズドンと落ちてくるエウレカ何かカワエエ(*'A`*)

しかしながら、#02でエウレカの膝に落ちてきたレントンのシーン、と真逆で妙に良いと思いました。

ニルヴァーシュに、レントンとエウレカが乗ることにより、ポテンシャルは十分に発揮される。リフによる高速移動をすると体が揺れるから、後ろから抑えて欲しいとエウレカ。レントンは嬉しそうにエウレカを抱きしめる。しっかり抑えててね、というエウレカに対して。

「ハイ!死んでも離しません!離したくありませーん!」

LFO3機の活躍により敵は残り1機となり。最後は、ニルヴァーシュのカットバックドロップターンによる、ブーメラン型ナイフで一刀両断。短いカットでしたが、敵に迫る時のエウレカの表情がホランドっぽくて(・∀・)ニヤニヤ

月光号に戻ると、レントンは営倉入り。マシューは、ガキ3人組を庇う為に動いたレントンに処罰を与えるにしては、営倉入りはやり過ぎではないか?と言う。しかし、言葉を遮る様にホランド。

「アイツには大人がいなかったんだ。きちんと叱ってやる大人が。だから俺達がやらなきゃいけない、俺達が大人としてレントンに罰を与えなきゃいけないんだ」

この言葉が一番意味を持っていたかな。ホランドが、レントンとダイアンをよく知っている事も意味しているだろうし。

営倉では、レントンが1人で寂しそうだが、ここにエウレカとガキ3人組が入ってくる。ガキ3人組は自分達も罰を受けるんだという意思らしい。ガキ3人はレントンを認めた感じもしましたね。モーリスがレントンに渡したエウレカ生写真には、迂闊にも笑いが'`,、(´∀`) '`,、

最終的には、エウレカまでもが営倉に入ってきて5人。レントンは、ガキ3人との苛立った関係が緩和し、エウレカまでもが隣りに居る事に嬉しそうでした。

来週は、#07 「アブソリュート・ディフィート」 だそうです。

以上。以下<AA>

交響詩篇エウレカセブン 1
三瓶由布子 名塚佳織 藤原啓治

バンダイビジュアル 2005-07-22
売り上げランキング : 502

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





記事に面白味もてましたらクリックヨロシクです。やる気も俄然アップなヤカン ⇒ banner_05.gif 


posted by 師匠 at 05:18| ☔| Comment(4) | TrackBack(35) | 交響詩篇エウレカセブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっと先週エウレカを見て「面白いかも・・・」と思った矢先に夜間工事で帰ってきたのが8時過ぎ(7時放送)
ウワァァァンヽ(`Д´)ノ
Posted by モーリス at 2005年05月24日 04:40
「大人が子供をしつけなきゃ」と言うホランドは良いオトナです。ミネルバに一人欲しいです…。

みんなで営倉入りも良いオチでしたね!
Posted by たかむね at 2005年05月24日 09:59
>モーリスさん

夜間工事、お勤めご苦労様です。

そして、エウレカ南無ッス。・゚・(ノд`)・゚・。
Posted by 師匠 at 2005年05月24日 19:02
>たかむねさん

やはりアレですね。ミネルバには叱ってやれる大人が居ない・・・という事で。

特にタリア、形無しですね('A`)
Posted by 師匠 at 2005年05月24日 19:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

交響詩篇エウレカセブン 第6話「チャイルドフッド」
Excerpt: 脚本   大河内一楼 絵コンテ 難波日登志 演出   松尾慎 作画監督 田中将賀 目覚めたレントンは仰天。 「んふ♪」と悩殺ポーズでレイアウトの表紙撮影に望むタルホの前を横切り、ギジェットにちょっかい..
Weblog: Precious Prize Platz -Annex-
Tracked: 2005-05-23 10:05

交響詩篇エウレカセブン 第6話 「チャイルドフッド」
Excerpt: レントンは相変わらず活躍できない主人公のままです(何 下手に子供を叱るとエウレカに嫌われそうで叱れないレントン。 何かこの心境わからなくない気がするなぁ。 自分は3人兄弟の真ん中で、下か..
Weblog: 遑 ??Capture Blog??
Tracked: 2005-05-23 10:32

交響詩篇エウレカセブン : #6 チャイルドフッド
Excerpt: ゲッコー号では、母親を取られまいとするチビッ子3人のレントンに対するいたずらが続く日々。しかし、ある日チビッ子達が過ってコンパク インターフェアレンサーを停止。軍事施設の近くを飛んでいたゲッコー号が敵..
Weblog: 蛙・鳴・蝉・噪
Tracked: 2005-05-23 12:20

交響詩篇エウレカセブン 第6話「チャイルドフッド」
Excerpt: エウレカの子供達とレントンの対立と和解のお話でした。 ママ(エウレカ)を盗られた
Weblog: ネタバレ上等!
Tracked: 2005-05-23 12:24

交響詩篇エウレカセブン 6話「チャイルドフッド」
Excerpt: 今回は、チビッ子3人組とレントンの話ね。まあ、前回の予告で分かってたけどな(苦笑)レントンってば、チビッ子連中に良いように遊ばれてるなー。可哀相に。でも、エウレカのこと好きな彼は、子供達の事怒れなくて..
Weblog: * Happy Music *
Tracked: 2005-05-23 12:46

エウレカセブン 第6話 背伸びするんじゃなくて今の自分がやりたいと思うことをやってみよう!
Excerpt: 交響詩篇エウレカセブン 第6話 チャイルドフッドガンダムの後にみると、一服の清涼剤のようなすがすがしさがあるエウレカセブン。今回はレントンとエウレカの子供たちとの戦争です。エウレカをレントンに取られま..
Weblog: 快楽ぱんだと二次元
Tracked: 2005-05-23 13:06

エウレカセブン
Excerpt: 今週はエウレカがカッコよかった! 先週レントン今週エウレカ。 何がかっこいいって ヒューーーって 飛び降りちゃったよエウレカ!!! 何なんかもう普通に何あれちょっとまっていやすご..
Weblog: 日記・・日に2回書くかもしれないけど日記。ちっとも書かない日もあるけど日記。
Tracked: 2005-05-23 13:55

◆交響詩篇エウレカセブン 第06話 「チャイルドフッド」
Excerpt: ここに来て、前々から対立していたエウレカの子供達との戦況が激化してきました。 レントンが朝起きていきなり叫んで、みんなの前を走りすぎていくシーンは結構いい感じ。 タルホ姉さんは朝から色っぽいし、寝..
Weblog: 日々平穏
Tracked: 2005-05-23 17:47

交響詩篇エウレカセブン #06チャイルドフッド
Excerpt: やっぱり救世主はエウレカですか。そんなエウレカも完璧ではなく母親業に悩んでる様子で、エウレカ自身も親という者に躾られたことがないようです。 レントン「レントンお呼びにより、只今参上しました」 さりげ..
Weblog: うつわの器
Tracked: 2005-05-23 17:53

交響詩篇エウレカセブン 第6話 5/22
Excerpt: 「チャイルドフット」 この作品、なにかと前日の某種と比較してみることが多いんですが、面白いことに今回は内容もけっこう似てました。 レントンのニルバーシュ無断使用、軍機との接触、営倉入り。 も..
Weblog: サブカルチャーに感想を
Tracked: 2005-05-23 18:23

交響詩篇エウレカセブン 第6話「チャイルドフッド」 感想
Excerpt: いやー、ほんとエウレカセブン面白いですね。大きく貼られた伏線の中で、今週は「ここ」を魅せてやるぞ、みたいな意気込みが制作サイドからひしひしと感じられて、少年の成長を描きつつも良質のエンタメ作品に仕上が..
Weblog: 蒼穹のぺうげおっと
Tracked: 2005-05-23 18:26

交響詩篇エウレカセブン 今週は短めで 第06話 チャイルドフッド
Excerpt: 前の2つの記事に書いた通り諸事情により、今週は簡易版です。今回のメインは、レントンとエウレカの3人の子供達(名前が覚えられない…、モーリス・メーテル・リンク)の関係の構築でしたね。これからは、良い関係..
Weblog: 『日々見聞きしたもの…。』
Tracked: 2005-05-23 18:36

エウレカセブン #06「チャイルド・フット」
Excerpt: 顔に落書きをされ、ガキんちょ3人組を問い詰めるため廊下を猛スピードで駆け抜ける
Weblog: にどね庵@ブログ
Tracked: 2005-05-23 19:59

交響詩篇エウレカセブン 第6話「チャイルド・フット」
Excerpt: え〜と、本当ならエウレカの感想を書くところなんですが・・・2時間かけて書いた記事が消えました。 普通に操作してたはずなんですけどね。 いや〜、書いた記事が消えるのって結構ショック大きいんですね。ははは..
Weblog: ぷらすまいなす研究所・夢幻
Tracked: 2005-05-23 20:23

交響詩篇エウレカセブン 第6話「チャイルド・フット」
Excerpt: え〜と、本当ならエウレカの感想を書くところなんですが・・・2時間かけて書いた記事が消えました。 普通に操作してたはずなんですけどね。 いや〜、書いた記事が消えるのって結構ショック大きいんですね。ははは..
Weblog: ぷらすまいなす研究所・夢幻
Tracked: 2005-05-23 20:24

交響詩篇エウレカセブン (Episode.06 チャイルドフッド)
Excerpt: 今日は5分寝過ごしちゃいました。(^^;) 録画予約は忘れてなかったのでよかったです。 格納庫の中で相変わらず寝泊りしているレントンはエウレカの子供達(モーリス、メーテル、リンク)の攻撃(笑)に晒..
Weblog: ハリネズミのちょびっとMemo
Tracked: 2005-05-23 21:22

交響詩篇エウレカセブン第6話・チャイルドフッド
Excerpt: いつの間にか子供達との間で始まっていたエウレカ争奪戦。とはいえ何しろエウレカの子供な以上、されるがままのレントン。今日も顔に落書きされて目が覚めます。あくまで年上として、紳士的に、理知的に子供達に抗議..
Weblog: 橘葉日記??きつようにっき??
Tracked: 2005-05-23 22:55

『交響詩篇エウレカセブン』第6話
Excerpt: レントンの姉さんの顔が見たい!…当分は無理だろうけど(笑) しかしまさか…『エウレカセブン』で大河内一楼さん(脚本)の名前を見るとはな…。
Weblog: さるなログOnline@WebryBlog
Tracked: 2005-05-23 23:08

交響詩篇エウレカセブン 第06話 「チャイルドフッド」
Excerpt:  この回はカツレツキッカと和解する話。 ついでに営倉の正しい扱い方についても学ぶことが出来ます。  つづく!→
Weblog: 吠刀光
Tracked: 2005-05-24 00:53

交響詩篇 エウレカセブン「チャイルドフッド」雑記
Excerpt: 気になりましたら、クリックどうぞ♪ [10秒で分かる、今日の「こうきょうしへん エウレカセブン」] 対子供戦争勃発 難航する交渉 激化していく日々の戦況 妥協点の発見 敵に塩..
Weblog: ここには全てがあり、おそらく何もない
Tracked: 2005-05-24 01:42

エウレカセブン#6チャイルドフッド
Excerpt: 今回のエウレカセブンなんですが・・・タルホ姐さんの出番が少ないんですよ・・・そのぶん主人公に出番が多いってコトわいいことですけどね。今回わカツ・レツ・キッカ対レントンのエウレカ嬢争奪戦それでわエウレカ..
Weblog: ANTI-style
Tracked: 2005-05-24 02:25

交響詩篇エウレカセブン 第06話【チャイルドフット】
Excerpt: テントで目覚めたレントン君. 突然「うぁーー!!」と叫んだと思ったら....走る 走る ゲッコー号の中を走る! あ,タルホさん グラビア撮影してる!倉庫っぽい所で.... どうやらちびっ子た..
Weblog: EL CLASICO
Tracked: 2005-05-24 07:53

交響詩篇エウレカセブン 第06話【チャイルドフット】
Excerpt: テントで目覚めたレントン君. 突然「うぁーー!!」と叫んだと思ったら....走る 走る ゲッコー号の中を走る! あ,タルホさん グラビア撮影してる!倉庫っぽい所で.... どうやらちびっ子た..
Weblog: EL CLASICO
Tracked: 2005-05-24 07:55

最近観たアニメ ハチミツとクローバー他
Excerpt: 上の画像は、妻の描いた「はぐちゃん(ハチミツとクローバー)」。[http://www.geocities.jp/mazurka_step/menu.htm 妻のサイト]にいろいろ画像があるのでお立ち寄..
Weblog: アクア宙
Tracked: 2005-05-24 09:57

「交響詩篇エウレカセブン」第6話
Excerpt: 第6話「チャイルドフッド」…を観ながら「種デス」に思いをはせる?の巻。主人公は、自分が良かれと思うことのために、勝手にメカを発進させ、どうにか目的を果たし帰還したものの、罰として営倉入りを命じられる。..
Weblog: salty blog
Tracked: 2005-05-24 11:15

第06話 チャイルドフッド
Excerpt: 幼年期の終りは訪れなかった第06話。 そんな簡単に成長したんじゃあおもしろくない。 『トリポッド』 レベルまでいけんじゃないか、とも思っていますので。
Weblog: 黒猫型異星人ファン倶楽部
Tracked: 2005-05-24 16:09

交響詩篇エウレカセブン #6「チャイルドフッド」
Excerpt: 日々エスカレートするレントンいじめ。やぁ、小さな子供は加減を知らないから怖いですねすっごい高いところから落とされてるのはちょっと笑えなかった…こわすぎるΣ(゚□゚*)LFOにも飛び道具あったんですねビ..
Weblog: カレイドスコープ
Tracked: 2005-05-24 19:35

交響詩篇エウレカセブン 第6話
Excerpt: 交響詩篇エウレカセブン 1 交響詩篇エウレカセブン 1 UMDスペシャルパック (DVD + UMD Video) 【チャイルド・フッド】 〜 子供にガキ扱い 〜 エウレカの子供ら..
Weblog: Cosi Cosi
Tracked: 2005-05-24 19:38

交響詩篇エウレカセブン第6話「チャイルドフッド」
Excerpt: 「レントン少年、ガキに遊ばれまくるの巻」ですね。エウレカを母と慕う子供達に散々に遊ばれます。寝ている間に顔に落書きされるのは序の口。まさか、本当に象さんにしちゃうとは思いませんでしたが。(よくあんな所..
Weblog: 制限時間の残量観察
Tracked: 2005-05-24 20:02

エウレカセブン、いたずらっ子レントン
Excerpt: レントンのご難は今回エウレカの子供達。 思いつく限りの悪戯にさらされています。 中には、シャレになんないものもあるようなので、いっそレントンが大怪我してエウレカにばれる、とかした方がいいんじゃないかと..
Weblog: うっちーの今日の戯言
Tracked: 2005-05-24 21:39

交響詩篇エウレカセブン 第06話
Excerpt: 第06話 「チャイルドフッド」  子供の成長に必要なもの。 体の成長には栄養。 心の成長には、きちんと叱ってくれる大人の存在。 まわりの大人に見守れながら子供たちは成長していく・・・ ..
Weblog: + SERAらく日記 +
Tracked: 2005-05-24 21:58

強いでも凄いでもなく、“格好良い”大人
Excerpt: 腹が治った後は、風邪をひきました…。   シードディステニーを見る。調子に乗るシンさんと凹むアスランさん。この二人はギロロ伍長あたりに精神を鍛え直してもらった方が良いよ。(特に打たれ弱い..
Weblog: アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)
Tracked: 2005-05-24 23:39

エウレカセブン #06「チャイルド・フット」
Excerpt: 顔に落書きをされ、ガキんちょ3人組を問い詰めるため廊下を猛スピードで駆け抜ける
Weblog: にどね庵@ブログ
Tracked: 2005-05-25 01:06

交響詩篇エウレカセブン 第6話 「チャイルドフッド」
Excerpt:  まだ生えてないレントン。エウレカの子供たちのいいオモチャになってます。パオーーン♪ 専門用語は大抵聞き流すので月光号の凄さは相手の評価でのみわかった。というかこういうわかりやすい構成は大好きだ。 ..
Weblog: アルカリスタン
Tracked: 2005-05-25 19:31

交響詩篇エウレカセブン 第6話 「チャイルドフッド」 感想
Excerpt: 今更どことなくアムドライバーに似ているとか言えない、そんなエウレカセブンです(謎
Weblog: ラムモード
Tracked: 2005-05-29 03:30
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。