2005年08月24日

エウレカセブン #18 「イルコミュニケーション」


eureka18OP.jpg


アニメやら、開けてないプラモやフィギュアやら・・・もう積みまくり状況が酷い!

エウレカに関しては、時間を掛けたい気もしますが、さっさと消化しますか。

この先は以下でどうぞ。



eureka1801.jpg


月光号のフリフレクションフィルム張り替え作業ってのはホトンド人の手で行うものなんですね。

仕事が終わり、今日の作業は終了というところで、レントンが立ちション、それを見ていて怒った様にも聞こえる声、スカブの奥から老人の姿が現れる。

老人の名前はブリタニ。彼は、この世界観でいう発掘屋。月光号がスカブを荒らしている。汚しているのではないかと疑い、食いかかってきたというわけだ。

ブリタニは、息子との約束を果たすためにスカブで発掘を続けているらしく、その約束から既に14年という時間が経過していた。ブリタニは成果が得られず、あわせる顔が無いとストレスも溜まっている様子。あわせる顔が無いという事に関しては、レントンも同じで、祖父を置いてきてしまった事を思い起こす事になる。

エウレカは、相変わらずナーバスな状況が続いており、メーテルに怒鳴るなど母親としてありたかった自分を見失っているのは明白。

レントンは、ブリタニと祖父のアクセル・サーストンを重ね合わせていく。食事を渡しに行ったり、壊れた時計を直してあげたり。ブリタニも、レントンを躾のなっていない子供と認識していたのだが、その言葉を撤回し、レントンを見直す。


eureka1802.jpg


サーストンという名を聞いて、アドロックを思い浮かべず、アクセル(レントンの祖父)を始めに思い浮かべたブリタニの言葉を聞いて、物凄く喜ぶレントン。やはりレントンは、じっちゃんを尊敬してるんだなーと思いました。それに反して、父の存在を憎んでいる表情も垣間見る。

ブリタニはレントンを連れて、スカブの奥へ。スカブの奥ではLFOのアーキタイプが数多く見られる。しかし、それらが灯していた光は次々と消えていってしまい、発掘物としては意味を成さなくなってきている事を意味する。

レントンは、ニルヴァーシュを使って月光号での仕事を手伝っていたが、その時、ブリタニはニルヴァーシュを目撃してしまい、様子が変貌する。

ニルヴァーシュを盗み出そうとする模索するブリタニ。隠れてニルヴァーシュのコックピットに刃を当てているブリタニを見つけてしまったレントンは、銃を突きつけられながら嫌々ながら逃走の助けをさせられる事に。

泣き面に蜂。ハッシェンダを出発したレントンとブリタニは、ハッシェンダの捜索に入ろうと計画していた塔州軍に見つかってしまい、緊急で戦闘を開始。


eureka1803.jpg


1対3というニルヴァーシュのピンチ。しかし、レントンはKLFを次々と撃破しポテンシャルの高さを見せ付ける。

ニルヴァーシュの無断出撃と、迫る塔州軍を心配したホランド達はニルヴァーシュを追って出撃。しかし、到着した頃にはKLFが撃破されていた。ホランドは、ニルヴァーシュに体当たり。これ以上、ニルヴァーシュに暴れまわられては月光号の場所が更に確定されてしまうためかね。

ホランドはブリタニが向けた銃を払い飛ばし、特に制裁を加える事も無く、レントンも横目で見ながらブリタニを置いてハッシェンダへ帰還。

ハッシェンダの廃墟バーに集合していたメンバーだが、ホランドがレントンを殴りつけ、ワケの分からない一方的な暴力が続く。

レントンの失態に対して・・・にしては、ホランドの私的な考え・憎しみが先行し過ぎている。見るに耐えられなかったタルホ姉さんがホランドを平手打ち。ホランドがレントンに逃げている事を指摘。あまりに図星過ぎる展開に、ホランドはふてくされて、その場から立ち去る。タルホ姉さん!もっとガッツリ叱ってやってください!
それにしても、ホランドは情けないなぁ('A`)

何の為に託されたのか分からないままのアミタドライブ、祖父と重ね合わせていたブリタニの変貌など、少年というカテゴリに存在している筈のレントンには厳しすぎる現実なのかもしれない。ホランドから理由の無い暴力を、そんなのはどうでもいいと言わんばかりに、レントンも不貞腐れ。

あまりに落ち込んでしまったレントンを見るに見かねてかエウレカが慰めに向かうがレントンは拒絶。まぁ、普通に見てしまうとエウレカが拒絶されて可哀想と思うかもしれないのですが、レントンが落ち込んでいる理由と、どの事に対してエウレカが慰めようとしているのかが一致していない。

慰めようと持ちかける会話を聞いていても、エウレカはレントンがニルヴァーシュに上手く乗れて、更には調子に乗っているからホランドが叱った。だから今はレントンがニルヴァーシュに乗るべきでホランドには私から説得する、という風にしか捉えていないように思える。

こじれていた2人の仲が再び修復しようかと思っていたところに、今度はレントンが落ち込んだ。
ナーバスになっているエウレカをレントンが何とかして関係修復をしようとしていたのに、レントンがこの状況になっては、どちらからも触れていく事が無くなってしまう・・・心配だ('A`)

来週は、アクペリエンス・2
悪夢再びといったところだと思いますが、予告見ているとエウレカがdでもない姿になっていました。


記事に面白味もてましたらクリックヨロシクです。やる気も俄然アップなヤカン ⇒ banner_05.gif 


B000A41FKAエウレカセブン TR:1 NEW WAVE (DVD-VIDEO同梱) 特典 ゲーム版コミック付き

バンダイ 2005-09-29
売り上げランキング : 94
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



B0009XTEGY交響詩篇エウレカセブン 2

バンダイビジュアル 2005-08-26
売り上げランキング : 47
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


B000A16QDO交響詩篇エウレカセブン 3

バンダイビジュアル 2005-09-23
売り上げランキング : 230
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by 師匠 at 17:07| ☁| Comment(5) | TrackBack(5) | 交響詩篇エウレカセブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブリタニ。ニルヴァーシュを見て
一体何を思ったのでしょう・・・。
事情が良く分からないまま終わってしまって、
なんか物足りない。一体何が?

しっかし、エウレカが怖かった(´Д⊂グスン
ドアを「バーン!」って・・・。
びっくりしましたよ。
エウレカがキレる(?)とは
信じられない・・・。関係修復は厳しいなぁ。

次回予告のエウレカ、
『AKIRA』の鉄雄みたいでしたね。
しっかし、ブリタニのスーツは
変なデザインだなぁ。
Posted by ヒゲ侍 at 2005年08月25日 19:46
<ホランドがレントンを殴りつけ、ワケの分からない一方的な暴力が続く。
 ホランドの暴力の理由は視聴者側にも明確にされているし、メンバー全員も分かっている。もっと早くタルホだけでなく全員が止めに入らなかったのが証拠。レントンのみホランドの暴力の理由が分かっているのか否かはっきり描かれていない。分かっていてもこの場合も全く不思議ない。

<ホランドは、ニルヴァーシュに体当たり。これ以上、〜確定されてしまうためかね。
 ホランドが、ニルヴァーシュに体当たりしたのはレントンを殴ったのと同じ理由。敵を倒し終えたニルヴァーシュがそれ以上暴れる理由はない。駆けつけたホランドにも十分分かる。

<レントンの失態に対して・・・にしては、ホランドの私的な考え・憎しみが先行し過ぎている。
 タルホが言った通り今回レントンに失態はない。

<慰めようと持ちかける会話を聞いていても、エウレカは〜という風にしか捉えていないように思える。
 エウレカあの時の言葉はそれだけの意味、エウレカはブリタニにあってもいないのだから、あの時のレントンの気持ちを察するの不可能。

<ホランドから理由の無い暴力をそんなのはどうでもいいと言わんばかりに、レントンも不貞腐れ。
 レントンが暴力に反応薄かったのはブリタニのことの方が自分にも繋がる問題でもあり、単にショックが大きくそのことに対して考えて既に気分が落ち込んでいたから。

始めまして。
 オレの読み取りとの相違点を挙げたけど、間違ってる場合は言ってくれ。
Posted by ユビ at 2005年08月26日 13:15
>ヒゲ侍さん

エウレカのトーキックは、なかなかに心情を表していましたねぇ。今までのエウレカを見ていると、個人的にはあまり認めたくないような、感情をストレートに出した怒りでした。

次回予告は、見る限り確かに鉄雄に見えましたねw
Posted by 師匠 at 2005年08月26日 13:40
>ユビさん

>ホランドの暴力の理由は視聴者側にも明確にされているし

自分としては、ホランドの暴力・苛立ちがまだ全てが明白という段階まではいっていないと思うんですよね。「気に入らない、こいつのガキくさい態度」 「ホランドがレントンに逃げている」という、ホランドとタルホの言ったシンプルな言葉だけが理由とするのであればそれまでなのですが。
一応は、まだダイアンの件、#09や#10で見せたホランドの心の傷などがまだ完全に明白となったわけではないぶん、まだ今回での暴力の理由は完全に明らかとはなっていないかと。
わけのわからないと書いたのは、暴力へと繋がる要因が多々あるように自分は思えましたので、理由不確定のニュアンスで書いたつもりでした。もし誤解を生んだようであれば申し訳ないです。

>ホランドが、ニルヴァーシュに体当たりしたのはレントンを殴ったのと同じ理由

理由を書いていただければ嬉しかったのですが、自分と致しましては、体当たりは被害拡大の戦況悪化阻止だけの為ではないかと。レントンを殴った理由には、ホランドの八つ当たりに似た感情があり、同一とは思えません。

>タルホが言った通り今回レントンに失態はない。

「今回の事で、この子は何も悪くない」
「レントンの失態」は確かに言葉として誤りでしたハイ。「レントンがブリタニに銃で脅されハッシェンダを出て行くことになり軍に見つかる。あの状況から、レントンが咎められる点はホボ無いに等しいが、一連の事柄が月光ステイトにまで影響を出し、更には今後の行動にまで影響を出すのは明白」という考えの省略化でした。
ホランドがそれに対して苛立ちを感じたにしては、ホランドが暴力に走る理由としては乏しいかな・・・という風に思って、本記事では書いた次第です。

>エウレカあの時の言葉はそれだけの意味、エウレカはブリタニにあってもいないのだから、あの時のレントンの気持ちを察するの不可能

正にその通りで、自分の意見とどのあたりが相違点なのかが分からないです。自分も、エウレカがこの時点でレントンの気持ちを察する事は不可能だと思いますし。

始めまして。コメント有難う御座います。

上記は、「間違っている場合は」というより、人それぞれの見解があるので、間違っているから指摘ではなく、自分(当方)の見解を軸で思う事として見て頂ければと思います。

最後の、>ホランドから理由の無い暴力をそんなのはどうでもいいと言わんばかりに、レントンも不貞腐れ。
に関しては、自分も言葉に誤っていたなーと理解しました。
Posted by 師匠 at 2005年08月26日 14:52
ごめんね、なんかヤな気分にさせちゃって。
いきなり来て、文章硬いし、言ってみりゃいちゃもん付けてる訳だし

でも久しぶりにまともな返事貰えて感動、に近いかも今の気分

順番後ろからだけど、前のオレの文の
3〜5つ目は単なる揚足取りだね。分かってるだろーなー、思いつつ言葉が違ってたからちょい確認してみたくてさ。
あ、4つ目は単に ように思える。 て言い方が不自然で気になっただけ。

んで、問題はホランドなんだけど
まず、そうホランドの過去、心の傷に関しては未だ描かれてない。
だからホランドが最近なぜイラついてるのかは視聴者側からは不明。
でもとにかく今のホランドは過去のことでイラついてる。

イラついてる人を怒らせる(限界を超えて殴らせる)手段は二つ。
一つはその人のイラついてる原因に下手に関与してしまうこと
第9話のヴォダラクの聖地でリフしようとして殴られた時は、これ。聖地と過去の関係、ホランドが苦悩するシーンが描かれてたから。
もう一つは別の事でさらにイラつかせること。
この場合当然普段より些細なことでも抑えきれない、又は怒りの反応が大きい

今回のホランドが怒り殴った理由はこちらで、怒った理由は第15話のホランドの後始末は自分でしろの強化版。強化版な理由はホランドは前回よりイラついててエウレカの容態も悪化してるから。

結論からいうと、ホランドはレントンがエウレカを苦しめてるのが許し難い。
ホランドとエウレカの関係は臭い言い方するけど 命預けて戦ったり戦わせたり虐殺に手を汚させたり汚したりしてきた忠誠心と信頼、罪悪感と崇拝の 戦友+上官部下の関係
ホランドが肉体関係のあるタルホよりエウレカを比較する構図で気にかけてたりする描写、エウレカがホランドとニルヴァーシュしか信じてなかったという発言がこれまで何回か繰り返されて二人の関係の強さが強調されてた。
今回だけの放送分にしても、エウレカの病状を気にかけるホランドのシーンがあったし、ホランドとエウレカの関係の強力さ故に割り込めないレントンとタルホが二人同じ席で向き合って食事してたりするシーンもあった。

ホランドがレントンを殴ってたシーンの「気に入らない、こいつのガキくさい態度」は中身がないし(ホランド的には15話のホランドの後始末は自分でしろに対するレントンの態度)メンバーに対する言い訳。
タルホの「ホランドがレントンに逃げている」はタルホの立場からはホランドがエウレカの為にこんなに取り乱してる事には触れたくない、だからホランドが過去から逃げ続けてイラついてる方だけを指摘。半分図星だし、そのことがなければホランド自身もそこまでしなかっただろうからホランドはあの反応。
もし自分の問題だけでイラつきレントンをあんなに殴ったとすれば多くのブログに書かれてたようにホランドはメンバーにも軽蔑されるか、せめてホランドも人間だしと軽蔑された上で庇護されてしまう。が、だとすればタルホ以外のメンバーがもっと早くに止めに入らなかったのは不自然。メンバーはホランドがエウレカのためにああなっていたことが分かっていただけに反応が遅れた。単なる八つ当たりはない。

後、もう一つ今回の件でレントンがホランドに苛立ちを加えた可能性があることとして
過去、心の傷から逃げ続けているホランドから見れば、異様な速さでLFOの操縦技術が上達するレントンが順境の中にいるように見えてイラついた点もあるにはある。
ホランドの殴った時に出た台詞は頭に血が上り無意識下のこちらから出た。
勿論、こちらもホランド一人の問題なので殴った理由として上記のものより弱いがこの二つは同時に矛盾しない、てかどちらも同時にある方が自然。

暴力へと繋がる要因が多々あるように自分は思えましたので、  ん、是非聞きたい。オレは上の二つが同時に存在してると放送見ながら抵抗なく解釈してたから他の可能性に目が行きにくくなってる。
ホランドが、ニルヴァーシュに体当たりした理由で被害拡大の戦況悪化阻止だけの為、てレントンがあれ以上暴れるてホランドは思ったってこと?そーいえばレントンが乗ったニルヴァーシュは倒し方が虐殺的だった。
Posted by ユビ at 2005年08月27日 06:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

交響詩篇エウレカセブン 第18話「イルコミュニケーション」
Excerpt: 交響詩篇エウレカセブン 第18話「イルコミュニケーション」 月光号の復旧作業は続いていた・・・ メンバーの疲労は募り食料も乏しくなった頃 突然坑道の奥から一人の老人が現れる。 彼はトラパーの源泉..
Weblog: 触れるモノ
Tracked: 2005-08-24 17:51

エウレカセブン18話感想 改訂版
Excerpt:  交響詩篇エウレカセブン 2  フィルターを作ったら今度は当然、貼る作業があるわけで、今日も今日とて、修理の日々のゲッコーステイト。食料事情も日々切迫☆やはり第五次健康ブームの経済的影響はびっぐ..
Weblog: 月の砂漠のあしあと
Tracked: 2005-08-25 01:02

交響詩篇エウレカセブン「イルコミュニケーション」雑記
Excerpt: 気になりましたら、クリックどうぞ♪ [10秒で分かる、今日の「こうきょうしへんえうれかせぶん」] カッコイイのはレントンにあらず そつがないのはレントンにあらず 驚かないのはレン..
Weblog: ここには全てがあり、おそらく何もない
Tracked: 2005-08-25 02:35

交響詩篇エウレカセブン 第18話 「イル コミュニケーション」
Excerpt:  月光号のリフレクションフィルムの張り替え作業もあと一息。 そこにブリタニという頑固な発掘屋が出てくる。レントンが関係修復のための生け贄になることに。レントンのジイサンも頑固爺、この類いはお手のもの..
Weblog: アルカリスタン
Tracked: 2005-08-25 12:32

交響詩篇エウレカセブン 第18話 「イル・コミュニケーション」
Excerpt:  エウレカなら蹴られたい(;´Д`)ハァハァ  と、一応書いてはみたものの、 子供は喜ばんだろうな、こんな話。  最近はマジで打ち切りが怖い。  続き→
Weblog: 吠刀光 【遊撃】
Tracked: 2005-08-26 01:30
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。